1才9か月 言語能力開花事件

娘のこと
スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。よかったらポチっと押してあげてください。

2017年2月10日の、夜。

リエさんもケンタも忙しく、ふーさんは一人癇癪を起しておりました。
ケンタの作ったDIY大型ゴミ箱の前で、100均で買ってきた電車を床に投げつけて怒っています。

しかし相手してる暇がないので放置・・・・。

していたところ、21時頃になって、リエさんが大騒ぎ。
投げつけて分解された電車の玩具をもって、「電池がどこにもない」。

この場合、心配ごとは二つ。

①ふーさんが食べて大変なことになる。
②どこかに放置されて、いずれ液漏れする。

大騒ぎになって1時間電池を探しましたが、どこにもない。
リエさんが掃除したばかりで綺麗な我が家。何か落ちてればすぐ見つかる状態ですが、

どこにもない。床は間違いなくない、箱の中もくまなく探したがどこにもなし。

ふーさんをゴミ箱の前に連れて行って聞き込み。

電池が、電車の中に入ってたでしょ?どうしたの?


「ドン、ドンっした。ドンって、シューって、コロコローして、あっちいったの」

ゴミ箱の下を指さします。

てか、ほぼ喋ってるよね。ふーさんも緊急事態に気付き、
自分の持ってるもの以上の言語能力を発揮したようです。

しかし、ゴミ箱の下や、食器棚の下には間違いなくない。

あきらめて、まぁ、このサイズを飲むことはないだろう。ケロっとしてるし。
と就寝。

仕事へ出かけましたが、リエさんはずっと心配していたようで、
あくる日の夜になって、ようやく電池発見。

でも、その電池のありかが、DIYゴミ箱の中。かけた袋には入っておらず、
その下の底板に転がっていたのでした。

しかし、このゴミ箱、ふーさんが手を伸ばしてもあと5センチ以上あり届かない。

どうやって入れたんだろうと再現実験。

ふーさんにペットボトルのキャップを渡して、ポイして?

取っ手に左手をかけ、足を伸ばして、右手でポイ。普通に入れれます。

親のすることをよく見ています。子供の成長は恐るべし。

電池、なくなると焦りますので、みなさまも壊れやすい玩具を与えるのはやめましょう。

それでは本日も!かまえて!

ケンタの教訓、みんなの教訓!ヨシ!!

ご安全に!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
娘のこと
kentaをフォローする
けんたの休日

コメント

タイトルとURLをコピーしました